Kacchi Worldーofficialサイト

誕生日の歴史を知ろう!いつから祝うようになったの?!

Pocket

Pocket

 

誰にとっても特別な日である誕生日ですが、皆さんはその歴史についてご存知でしょうか。誕生日には、さまざまな由来や風習があり、そこから文化の違いも感じ取ることができます。そこで今回は、誕生日の歴史や由来について詳しくご紹介します。

この記事を読むための時間:3分

誕生日を祝うようになったのはいつから?

誕生日をお祝いするようになったのは、一体いつ頃なのでしょうか。ここでは、日本での誕生日の歴史や、海外での誕生日の歴史を詳しくみていきましょう。

日本での誕生日の歴史

実は、日本では誕生日をお祝いする習慣はありませんでした。なぜなら、以前は年齢を数え年で数えていたからで、新年を迎えるごとに全員が一斉に1つ歳をとるという数え方をしていました。

 

とはいえ、誕生日という概念は古くから存在していたことに変わりはなく、安土桃山時代には、織田信長がヨーロッパの文化に影響されて自身の誕生日を祝っていたと言われています。しかし、その時代において、庶民は自分の誕生日を正確に把握しておらず、誕生日をお祝いする文化は一般的ではありませんでした。

 

そして、昭和24年に誕生日に関する法律が制定されたことをきっかけに、現在のようにそれぞれの誕生日で年齢を重ねていく方式へと変更されます。つまり、個人の誕生日を今のような形でお祝いするようになったのは、昭和24年以降ということになります。

海外での誕生日の歴史

日本での誕生日の歴史が、そこまで長くないということに驚いた方もいらっしゃるかもしれません。実は、アメリカでも、誕生日が全国的にお祝いされるようになったのは、20世紀初頭になってからです。これは、時間というものへの意識が高まったことや、子どもの数が減って家族の一員としてより重要視されるようになったことがきっかけと考えられています。

 

一方、ヨーロッパでは15世紀のドイツで子どもの誕生日を祝う習慣が誕生しました。「キンダーフェスト」と呼ばれるもので、子どもの誕生日にやってくる悪霊を寄せつけないようにするのを目的とした風習です。ケーキに1日中ロウソクのあかりを灯し続け、1日の終わりには子どもの無事を祝ってみんなでケーキを分け合って食べたと言われています。

誕生日にまつわる歴史的行事

日本には、誕生日にまつわるさまざまな歴史的行事が存在します。ここでは、古くから続いている伝統行事を改めてみていきましょう。

七五三

子どもの誕生日にまつわる行事でもっとも有名なものが、七五三です。誕生日をお祝いする歴史が昭和中期以降からであるのに比べて、七五三をお祝いする習慣は室町時代から続いています。

 

昔は、医療も今のように発達していなかった上に、飢饉や疫病により子どもの死亡率はとても高いものでした。そのため、無事に成長したことをお祝いするための七五三が生まれたと言われています。

成人式

20歳を迎えるタイミングで盛大にお祝いされるのが成人式ですが、昔は男子が12〜16歳を迎えるタイミングで「元服」という儀式が行われていました。これは、現在でいう成人式と同じような儀式とされており、服装や髪型を大人のものに変えたり、名前を変更したりというしきたりです。

 

一方で、女子が12〜16歳を迎えるタイミングでは、「裳着」という行事が行われてきました。結婚が決まったタイミングで執り行われており、髪を結いあげたり、裳(も)と呼ばれる衣服を身につけるようになったりする慣習がありました。

まとめ

今回は、誕生日の歴史や、いつからお祝いされるようになったのかということについて詳しくご紹介しました。誕生日の歴史を紐解くことで、その国の文化や風習を知ることにもつながります。ぜひ、日本だけでなく、さまざまな国の誕生日の歴史について調べてみてはいかがでしょうか。

 

「Kacchi World」では、誕生日プレゼントに最適なオーダードールやオーダー立体アートの製作をうけたまわっております。日本国内だけでなく、アメリカやヨーロッパでも活動するクリエイター「Kacchi」が、ポップでスタイリッシュな作品を手がけております。世界に1つだけの驚きに満ちたプレゼントをお探しの方は、ぜひ一度HPをご覧ください。

コメントは受け付けていません。

Pocket

個人の方でも、記念品や思い出のアートをオーダーメイドでお作りします。

ご相談はこちらから ご相談はこちらから arrow_right
PAGE TOP