Kacchi World

3月. 2012

ミラクル!アーユルヴェーダ!!!

2012.03.31.土曜日 | category : 生活 |

もうミラクルとしか言いようがないほど効果を体験してしまった!

私は、出産後2ヶ月ほどした頃、腰の痛みで朝起き上がれなくなり、それから腰と背中の激痛で、背中をまっすぐにして歩けなくなってしまいました。母乳しか受け付けないリー君のために痛み止めも飲めずに育児を頑張ってたものの、思うように歩けなくなり、もう涙涙の育児。どうしようもなくなって実家にまた里帰りしてお世話になり4ヶ月。整形外科のリハビリに通って、針に整骨院に色々試し、何とか普通に生活できる様になったけど、それ以来4年半、慢性化してしまった腰と背中の痛み。そして丸くなってしまった背中。日常生活に支障はないけど毎日考えない日はなかった。。。

庭にあるマッサージルームでスリランカのアーユルヴェーダ治療を受け初めて3週間。朝起きたらあんなにまっすぐできなかった背中が少し伸びてる!えっ嘘!!!きゃ~すごい!とクムちゃんとガンガちゃんに早速報告すると、We won!(勝ったわ!)とか言っちゃって一緒に大喜びしてくれた。思えば3週間、ものすごい苦い薬と、喉につまりそうな大きな丸い沢山の薬を1日2回。飲み終えるまで毎回いつも見守ってくれてた。というか監視。この2人の愛情も相乗効果をもたらしてるのだと心から思います。長年かけてかかってしまった鍵が一つずつ開き始めた感じ。それにしてもすごい!

インドから伝わったアーユルヴェーダ。今ではスリランカでの方が人々の生活の中に深く根付き育って行った様です。西洋医療ではどうにもならなかった私の症状。ハーブの薬とオイルマッサージ。身体に優しく確実に効果をもたらしています。そして、この伝統的な医療は、受け入れる信じる気持ちも大切な気がします。本当に感謝!

なんだか試せるものは全て試してみたくなってしまった私。神経と筋肉にばっちり効いているけど、やはり曲がってしまった骨は元に戻さないといけない。今度は主人の長年の知り合いの、骨のスペシャリストのアーユルヴェーダの先生に診てもらいました。小さな治療院には地元の人たちがひっきりななしにやって来ます。緊張をほぐすように優しく微笑みながら背骨を触ってチェックする先生と助手の先生。しかし一転!いきなり後ろから腕をもたれ身体をひねり、膝で背骨をゴキ!っと伸ばした。イタタタタタタタ!と叫ぶ私にお構いなく今度はアバラをおさえてゴキ!一緒に居てくれたガンガちゃんは笑ってた。そのあと、フライパンで卵の白身と色んな薬草のペーストを混ぜて熱してシップを作り、ダンボール紙を切ってシップと一緒に力強く背中に巻いてくれた。段ボールってのがスリランカだな~で、今日から柔らかいベットには寝ないで床に寝る様に強くアドバイスされた。そして苦すぎるガーリック味のコーヒーの様な煎じ薬。治療直後からアバラが痛くて仕方ないのに床で寝始め、病院で2日おきに湿布と段ボールコルセットをかえてもらい今日で通院3回目。私の背骨。どうなってるかな~

庭に主人が建てたマッサージルーム。ココナッツの木を切らずに作ってあるところが素敵です。

アーユルヴェーダの先生と旦那さん。

土日に来てくれるときはいつも一緒に来るお絵描き上手な女の子。リー君が大好きな3歳上のアッカ(おねえちゃん)

骨のアーユルヴェーダドクターと助手の先生

contributor:Kacchi

キャンディータウン

2012.03.26.月曜日 | category : 生活 |

お家のある場所はキャンディーから車で15分ほど。シンハラ王朝最後の都、キャンディーは世界遺産にもなっている古都でスリランカの第2都市。古都特有のムードの中に南国っぽくないヨーロッパの香りのする古い建物が建つなんとも不思議な街ですが、スリランカの歴史を考えると納得できます。香辛料貿易の利権を巡るポルトガルやオランダの侵略、最終的にイギリスに全土侵略され1815年にシンハラ王朝最後の都キャンディが陥落。それ以降はイギリス人の避暑地として栄え、今も植民地時代の面影を残したイギリス風の古い建物がお店やホテルとして使われています。高台から見るキャンディの街はほんとに美しい。

週末に遊びに行くマハウェリリーチホテルのプール。マハウエリ川の畔に建つホテルの緑豊かなお庭にある贅沢なプールで、泳いでいるとホテルの部屋のベランダに咲く色鮮やかなお花の花びらが落ちてきてなんとも素敵。イギリス風の建物がヤシの木に囲まれた南国の中にあり、異文化が見事に溶け合ってる感じがします。さすが5つ星ホテルだけどプール料金は1日中遊んでもビジターで600円くらい。嬉しいお値段。リー君は泳ぎの練習をする気は全く無く、浮き輪を付けてせっせとプールの花びら集めをしています。

         

    

    

contributor:Kacchi

スリランカ滞在1ヶ月

2012.03.25.日曜日 | category : 生活 |

何度も訪れているスリランカですが、今回は初めての長期滞在。1ヶ月が過ぎ、今まで経験できなかったスリランカの魅力を日々感じています。スリランカの人々は自然と共に生きる知恵と力を持っています。特に女性達は精神的に強くてたくましい。どんなものでもお金を出せば簡単に揃ってしまう都会で生活する私は、自然の中ではほんと使えない人って感じ。一緒に生活してくれている主人の会社の秘書クムちゃん、サーバントのガンガと食事を作ってくれるガンガのアンマ(お母さん)、いつも笑顔のセキュリティのおじさん、アーユルヴェーダの先生。ハーブやスパイス、アーユルヴェーダを生活に取り入れ、冷たいお茶ではなく、温かいミルクティーで喉の渇きを癒す人々。代々受け継いだ生活の知恵をきちんと子供たちに教え守って行く姿。見習わないといけないと感じています。でもやはり虫は苦手。部屋に虫が居たらすぐにガンガを呼んでしまう頼りにならない母。リー君も最近は私に言う前に先にガンガを呼びに行く様になってしまった。

しかしながら時間にルーズな人の多いこの国。遅刻してもあまり悪びれた様子はなく笑顔で現れます。でもこちらが逆に待たせてしまっても笑顔。東京では何かと時間に追われて生活する私。慣れるというか諦めるには多少時間がかかりました。イライラしても仕方が無いので南国時間に切り替える事にして最近は待つのをやめました。そして、家族を先ず最優先に考えるこちらの人々。家族が風邪をひいても仕事を休んでしまったり、仕事に来たとしても1日中電話で状況を確認して仕事どころじゃない感じ。しがらみなんて気にしない。なんだかシンプルで良いな~ただ雇用する方は大変で、主人はだれかを雇う時とても慎重。ガンガのアンマは主人のお母さんの若い時代からお家のお手伝いをしてくれていて、ガンガちゃんは2代目。リー君や私を家族の様に温かく接してくれているのは、長い信頼関係の証でもあるのだと、心から感謝の気持でいっぱいになります。いたずらしてよくみんなに怒られるリー君。それでもみんなを大好きなのは心からの愛情を感じているからなのではないかと思います。みんなに愛され怒られ成長しているリー君、幸せな環境だな~

リー君のスクール生活も2週間を過ぎた頃から激変。今では朝行きたくない!と泣き叫ぶ事も途中で帰ってくることもなくなりました。慣れるまで辛抱強く相手をしてくれた優しい先生たちに感謝です。美人でカラフルなサリーを着こなす先生たち。先生たちのサリーチェックが私の毎朝の楽しみになってしまった。リー君がクラスに入るとかわいい女の子達が色々お世話してくれ、まるで子キング。アートスクールの様に本格的な工作をさせてくれます。ココナッツを使った楽器、花の王冠、綿で作った犬。。。このスクールけっこう楽しいからママも大人のクラスがあるかきいてあげようか?とか言うようになり、始めの頃のドタバタ劇をすっかり忘れてしまった様。最近絵を描くと背景にココナッツの木やお花を描く事が多くなって色も鮮やかで南国調。子供って環境に馴染むのがほんとに早い。そして思ったより強い。色々な気持ちを経験して、リー君少し成長したと思います。頑張ったね~もう大丈夫!

あと2ヶ月、リー君の成長と共に今後どんなことが起こるのか楽しみです。

ブルーの壁に描いてしまいました。以前見た夢みたいな景色。ホタルと星の境界がわからないくらいホタルが飛んでいた川の近くのパワーレディーと言われる女性のお宅のお庭。淡い光りが木を照らしていました。ぼくも描く!と言い出しリー君も。I LOVE SRILANKA.

contributor:Kacchi

スパイスガーデン

2012.03.07.水曜日 | category : 生活 |

キャンディーから車で1時間ほどのマータレーにあるスパイスガーデン。

スパイスや木の実など色々な説明を受けながらガーデンをひとまわり。

スパイスとアーユルヴェーダは深くかかわり合っているんだな~

バニラ風味のとても甘くて美味しいお茶を頂きお砂糖が入っていないと聞き

びっくり。

contributor:Kacchi

家具屋巡り

2012.03.07.水曜日 | category : 生活 |

なぜか家具屋が多いスリランカ。

そんなに何回も買い換えるものでもないと思うけど、、、

こちらに来て暇さえあれば家具屋巡りをしていた私。

ようやく届きました!やっとスーツケースから服を出す生活から解放された~

キャンディーの街で見つけたマホガニーのドレッサー、チェストに仕事机、椅子。

こんなに買っても全部で50000ルピーほど。日本円で36000円くらい。

やっとお仕事出来る環境になりホッ。

contributor:Kacchi

ヘリタンス カンダマラ 素敵すぎる!!

2012.03.04.日曜日 | category : 生活 |

リー君スクール初日、何とか頑張って登園したものの、2時間で泣き出し

待機していた私は先生に呼ばれて、今日はよく頑張ったので帰りましょうと。

そして次の日の朝。やっぱり泣いた~~~~明日行くから休ませろと。。。

そしてズル休みした次の日は運動会のためリー君はお休み。そして振替休日。

結局来週から仕切り直しになってしまったので、ダンブッラにお泊まりする事にしました。お家のあるキャンディーから車で3時間弱。10日間うちに滞在してアーユルヴェーダを受けながら観光しているプロのハープ奏者yちゃんと、パパの秘書のクムとお出かけ。東京に戻ったパパからの嬉しいプレゼント!きゃ~カンダラマ!ロイヤルスイート!アパッチやる~~~~~アパッチとは、最近りーくんが呼び始めたシンハラ語でお父さん。

憧れのホテル、ヘリタンス カンダラマ。世界的に有名な建築家バワのデザインするこのホテル。密林の中の湖に面していて、世界遺産のシーギリアロックが反対側にはっきり見えます。

あらゆる場所に椅子が配置されていてどこからも絶景が楽しめ、とても贅沢。

プールが湖とつながっている様にデザインされていて、ほんとに気持ち良い!

バスタブはまるでジャングルの中みたい。また来た~い!必ず来た~い!

contributor:Kacchi